トップ

マンション経営のリスク回避

マンション経営の物件価値の下落リスク回避

マンション経営で考える物件価値の下落

わたしは、マンション経営に関心がある40歳の男です。これから先、子供の教育費や、老後の人生設計を考えた時に、マンション経営で将来のためにしっかり蓄えておくことが大切だと考えたからですしかし、マンション経営に伴うリスクを考えるとなかなか踏み切ることができません。最初に考えたリスクは「物件価値の下落」です。

物件価値の下落のリスクとは何か。
物件の価値は外観や内装、建てられた年数などで決まります。しかし建物はどうしても、外観や内装が経年劣化してしまいます。これにより物件価値が下落します。ですが、定期的なメンテナンス、修繕などで、見た目をきれいにし、構造的にしっかりした状態を保っておくなら、価値の下落を食い止めることができます。

もう一つ物件価値を決める条件に建物が建っている土地の価値というものがあります。建物が劣化しても、土地の価値はほとんど変わることがありません。つまり、不動産としての土地に価値がある場所に建っているマンションならば、物件価値の下落のリスクを減らすことができるというわけです。

PR:マンション経営のことなら

物件価値の下落のリスクを回避するために物件の立地について考える。

立地条件の良い建物を選ぶのは、建物の資産価値の下落を回避するだけでなく、安定した家賃収入にも直結するので、マンション経営を考えるときにはとても大切な要素です。

では、ふさわしい土地をどのように見極められるのでしょうか。自分がいいと思う環境や、条件などにこだわっているなら、うまく見極められないかもしれません。マンションを借りたいと思うお客様のニーズを考えるなら、ふさわしい土地と建物を見極められます。

ターゲットを絞って、その人たちのニーズに合った土地の建物を探してみる。
例えば、若者が住む町か、お年寄り住む町か、子供のいる夫婦がたくさんいる町かなどターゲットを絞るなら、ふさわしい土地と物件も見極めやすくなります。

わたしの場合は、若者が住む町を選びました。なぜかというと、専門学校や大学などに通うため、または就職して、親から離れて一人暮らしをする若者を対象にワンルームマンションの物件を選んでみようと思ったからです。

中古の築10年前後のワンルームマンションなら、ローンを組んで、それを返済しながらある程度の収入も期待できそうです。

若者のニーズに答える環境がその土地建物周辺にあるかどうかしっかりチェックできます。例えば、コンビニやスーパーが近くにあるか、安くておいしい飲食店があるか、百円ショップや銀行、郵便局などが近くにあるかなどをチェックできます。最寄りの駅や学校からの、徒歩や自転車での距離、時間も確認できます。

少々駅や学校から遠くても、それで家賃が他よりも少し安ければ、そこに魅力を感じた若者が入居を希望し、それが安定した収入にも繫がります。駅から遠くても、自転車や原付で駅や学校に通うこともできます。敷地内に自転車や原付バイクが駐輪できるスペースがあるマンションかどうかもチャックできますね。

マンション経営を考えるなら、入居者のターゲットを絞り、土地と建物を探すことができます。それにより物件価値の下落のリスクを回避し、安定した家賃収入を期待できます。もしマンション購入ではなく、新築アパートやマンションを建築しようと思うなら、さらに法律や規制の面も考慮する必要があるでしょう。

物件価値の下落のリスクだけでなく、他のリスクも事前にしっかり考慮して、安定したマンション経営を始めることができればと思います。

Copyright © マンション経営の物件価値の下落リスク回避 All rights reserved